FXを始めたい人必見!
貯蓄を学ぶ
   

貯蓄と貯金

普段何気なく生活をしていて、貯蓄と貯金の違いを問われると、とっさにこたえることは難しいかもしれません。
似たような漢字を使い、似たような響きを持つこの二つの言葉ですが、その内容には実は明らかな違いがあります。

どちらも「貯める」という意味がありますので、何かを貯めていくことになるのですが、これが貯金の場合であればお金を意味し、貯蓄であれば蓄えを貯めていくという事を表しているのです。

お金を貯める貯金という言葉は、実はまったくそのままの意味を持ちますので、それほど難しいものではありません。
貯金とはお金を貯めることを指しており、例えば家の貯金箱にお金をためることも貯金になりますし、農協や漁業や郵便局などを利用してお金を貯める場合にも貯金という事になります。

これに対し、貯蓄の場合は貯金とは少し違った意味合いを持ち、まず貯蓄という単語が、蓄えを貯めるという事になり、同じ意味の漢字の重なりによって成り立っています。
これは、蓄えが「これから先のために、必要なものをあらかじめ取っておく」という意味を持っているからであり、つまり貯蓄とは、先に必要なものを貯めていく、という事になるのです。

先に必要になるものには様々な種類があり、もちろんお金もそうなりますが、こうしたもの以外に、お金に換えたりすることができるもの、つまり株券や債券といった金融商品や、土地や建築物といった不動産、金や宝石などもこの範疇に収められ、これらを資産や財産と呼んでいます。

つまり貯蓄とは、貯金よりもより大きな枠組みで、様々な財産を貯めていくための行為という事になるのです。

また、資産運用という観点から考えると、貯蓄は資産を貯めていく行為という事になり、これに対して、元本割れや資産が失われていく可能性があるリスクを負いながら、積極的に資産を増やしていくという行為を、投資と呼んでいます。

このように、貯蓄と貯金は似たような意味合いを持つ言葉ではありますが、その内容な大きく異なっており、シンプルに言い表すのであれば、貯金はお金を貯めていくもの、貯蓄は財産を貯めていくものという事になるわけです。

貯蓄と貯金に似た言葉に、預金という言葉がありますが、これは銀行にお金を預けるという行為になり、預けたお金は銀行が運用して、得られた利益を利子として顧客に分配していくことになります。

こうしたことから預金は、貯金というお金を貯める行為の中の手段の一つと言え、雅太らに大きな括りで言えば、お金という財産を使った貯蓄の方法の一つという事にもなるのです。