FXを始めたい人必見!
貯蓄を学ぶ
   

貯蓄金利

貯蓄を行うことを考えた場合に、最も身近に簡単に行えるものとしては、やはり銀行や郵便貯金などに口座を作って預貯金を預ける事になるでしょう。

例えば銀行に口座を作って預金をした場合には、お金を預けることによってお金を蓄えることができ、またお金を預けることでそこに金利が発生し、これを受け取ることができます。

この金利は、銀行がお金を貸し借りすることによって発生するものであり、例えば私たちがローンなどを組んだ場合には、その元金に加えて金利を支払うことになります。
これと同じことが預貯金にも言え、つまり、私たち貯金者が、銀行などの金融機関に対してお金を貸し、その賃借料を取っているという事になるのです。

こうしたことから、銀行などの金融機関にお金を預けることによって、私たちは資産を守っていきながら、それを運用して利益を生み出していく、つまり貯蓄を行っているという事になるのです。

金融機関に預貯金をする際には、普通預金、貯蓄預金、定期預金という三種類の金融商品が用意されており、それぞれの特徴を持つ口座を開設することによって、そこに預貯金を行うことができるようになっています。

この口座の種類や金融商品の種類によって、金利が様々に違っていることが特徴でもあり、どの口座を開設するのかによって、貯蓄の仕方も変わってきます。

もっとも身近なものは普通貯金になり、これはいわゆる普通口座と呼ばれているものになります。
給与や賞与の受け取りに利用したり、公共料金の支払になどにも使えるために、非常に小回りの利くものですが、それゆえに受け取れる金利が低いのが難点になります。

次に金利が高いものが貯蓄貯金の口座になり、普通預金よりも高い金利が設定されていることと、預けたお金を引き出すことができるという利点を持っています。
、¥また、多くの場合は預金の残高が高ければ高いほど、おおきな金利が受け取れるようになっています。
しかしながら、給与の受け取りや公共料金の引き落し支払いが行えないという即面があり、普通預金のように、日常的な使い方をすることが難しいのが難点になります。

三つの中で一番高い金利を持っているのが、定期預金になります。
定期預金では、それぞれの金融機関の特色を生かした高い金利設定がなされていたり、様々なプレゼントが受け取れるなどの特典が付いたものもあり、貯蓄を行っていく上では一番に利益があるものとなっています。

しかしながら、定期預金は満期まで預金を引き出すことができないという面があります。
もし、引き出そうとした場合には、定期口座の解約が必要であり、その時点で得られるはずの金利が受け取れなくなったり、解約手数料を取られる場合もあるため、使う予定のない資金を預けるという以外の用途には向かないでしょう。