FXを始めたい人必見!
貯蓄を学ぶ
   

貯蓄投資

多くの人たちは、自らの将来のために、または、養うべき家族のためなど、様々な理由によって資産を運用するでしょう。
こうした場合の資産の運用には、一般的に貯蓄という方法と、投資という方法が存在します。

貯蓄の場合には、お金や不動産、金融商品や有価証券、宝石や金などを用いて、自分の財産を貯めていくこと、蓄えていくことを基本に置いていることが特徴になります。

これに対して、投資の場合には、ある程度のリスクのある金融商品や投資取引などを用いて、自分の財産を増やしていくことをを目的としていることが特徴と言えるでしょう。

貯蓄のメリットで一番に大きな要素は、リスクが少ないという事でしょう。
資産を運用していくうえで、まずは自分の持っている資産が減っていかないという事は、実際に大きな利点になります。
万が一の場合が起こったとしても、充分な蓄えがあれば、その資産を使って困難を乗り越えていくことができます。

こうした安心感が、実際の形となって現れることも貯蓄の効果の一つで、子供たちの未来や、自分たちの生活、老後への備えなど、例えば預貯金がたくさんあれば大きな安心につながりますし、また、持ち家や土地などの不動産を所有していれば、住居に対して安定感を得ることが可能なのです。


一方の投資は、投資したことによる元本割れや、資産が減ってしまう可能性があるという、ある程度のリスクを覚悟する必要があるものの、積極的に資産を増やしていくという行動をとるために、基本として貯蓄よりも資産が増えていくという事が可能になります。

また、資産を増やすと同時に、例えば海外の株や債券などに投資をしておくことにより、国内で万が一の事態、例えば震災などによって経済が大きく破たんした際などにも、そのリスク回避することもできますので、資産を分散することによるリスクマネジメントの効果を得ることもできます。

このように、貯蓄と投資を比べると、どちらが適切であるのか、どちらがより賢いのかという事は、その資産を持つ人のライフプランであったり、社会状況であったり、好みや相性という部分にもかかわってきますので、一概に言い切る事はできないということがわかると思います。

資産運用にかかる貯蓄投資には、様々な方法が存在し、大まかにいえばリスクが高まれば資産が増えて投資の傾向が強まり、リスクが低くなれば資産の安定が増して貯蓄の傾向が強まりますので、例えば資産の何割かを貯蓄で運用しておき、残りを投資で運用するというように、使い分けていくことが必要になるでしょう。