FXを始めたい人必見!
貯蓄を学ぶ
   

財形貯蓄

財形貯蓄とは、国の法律である「勤労者財産形成促進法」に基づいて行われる財形制度による貯蓄の事になります。
厚生労働省の管轄によって行われており、様々な優遇により税制労働者の財産形成を促進、安定化させることで、労働者が貯蓄をしたり住宅を購入したりする際の助けとし、これによって日本の経済を発展させ国民の生活を安定させていく狙いがあります。

しかしながら、この財形貯蓄は誰にでも利用できるものではなく、この財形貯蓄の制度を導入している企業に勤めている従業員などの勤労者が対象となり、企業が財形貯蓄の預け入れを行っている金融機関と提携して行われています。

こうしたことから、一般的には民間企業の社員や公務員などが対象であり、また契約社員やアルバイト、パートタイマーなどの労働者であっても、継続しての雇用が見込まれている場合には対象となり、雇い入れ先の企業が財形貯蓄を導入しているのであれば、これを利用することができます。

また、こうした対象以外の場合、例えば自営業をしている、また会社の役員などである場合には、企業に雇用されている事にはなりませんので、財形貯蓄の対象にはならなくなり、また短期的なアルバイトなどについても同様になります。

財形貯蓄の大きな利点の一つは、給与や賞与などから天引きという形で確実に貯金をすることができるという事でしょう。
企業に雇用されている場合や、公務員の場合は、常に一定の給与をもらうことができるため、この給与からあらかじめ天引きされて貯蓄がされるという音は、実に確実な貯蓄方法と言えるでしょう。

さらにこの財形貯蓄には、税制面で優遇されるという大きなメリットもあります。
財形貯蓄は、その用途のタイプによって「一般財形貯蓄」と「財形年金貯蓄」と「財形住宅貯蓄」の三つの種類があります。
このうちの財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄については、合算して550万円までが非課税になります。

一般的な預貯金であれば利息の約20%が課税されてしまいますが、こうしてことがないために貯蓄をするためには最適でしょう。
また、財形貯蓄を利用している場合には、住宅を新築したり増改築する際には「財形住宅融資制度」を活用し、有利にお金を借りることもことも可能になります。

一方、財形貯蓄のデメリットとしては、貯蓄としての金利が低く資産の増加率が良くないという事があげられるでしょう。
資産運用という事を考えるのであれば、財形貯蓄が最善の方法であるとは限らないでしょう。

こうしたデメリットがあるにせよ、税制優遇と毎月の給与から天引きされることで、知らないうちに貯蓄が行えるという事は、財形貯蓄の大きな強みと言えるでしょう。